彼岸花の謎


昔からどうしても気になる不思議な花、彼岸花。秋のお彼岸に必ず咲いている。その年の気候にも影響されず暦通りに咲く。
ずーーーーっと不思議に思ってた。

今はそうでも無いかも知れないけど昔は暗いイメージの花だった。墓地の近くにお彼岸に咲く毒の有る赤い花。




日本では水田の畦や墓地に多く見られるが、人為的に植えられたものと考えられている。その目的は、畦の場合はネズミ、モグラ、虫など田を荒らす動物がその鱗茎の毒を嫌って避ける(忌避)ように、墓地の場合は虫除け及び土葬後、死体が動物によって掘り荒されるのを防ぐためとされる。モグラは肉食のためヒガンバナに無縁という見解もあるが、エサのミミズがヒガンバナを嫌って土中に住まないためにこの草の近くにはモグラが来ないともいう。
有毒なので農産物ではなく年貢の対象外とされたため、救荒作物として田畑や墓の草取りのついでに栽培された。
鱗茎はデンプンに富む。有毒成分であるリコリンは水溶性で、長時間水に曝せば無害化が可能であるため、救飢植物として第二次世界大戦中などの戦時や非常時において食用とされたこともある。また、花が終わった秋から春先にかけては葉だけになり、その姿が食用のノビルやアサツキに似ているため、誤食してしまうケースもある。
鱗茎は石蒜(せきさん)という名の生薬であり、利尿や去痰作用があるが、有毒であるため素人が民間療法として利用するのは危険である。毒成分の一つであるガランタミンはアルツハイマー病の治療薬として利用されている。

調べたら、作為的に植えられてたんだね\(◎o◎)/!
最近は品種改良されて観賞用に白やピンクも有って写真で見ても別世界に居る感じを受ける。
花って1つの花に何個も名前が付いてたりするけど、彼岸花は恐怖や災害、危機を連想させる別名がたくさんつけられて日本での別名は、方言のものを合わせて1000以上の別名が有るとか(;^ω^)なんか可哀想な気がする。

彼岸花の別名の一例
死人花
 読み方:しびとばな
地獄花
 読み方:じごくばな
幽霊花
 読み方:ゆうれいばな
毒花
 読み方:どくばな
痺れ花
 読み方:しびればな
天蓋花
 読み方:てんがいばな
狐の松明
 読み方:きつねのたいまつ
狐花
 読み方:きつねばな
曼珠沙華
 読み方:まんじゅしゃげ
 読み方:かんじゅしゃか
葉見ず花見ず
 読み方:はみずはなみず
雷花
 読み方:かみなりばな
石蒜
 読み方:せきさん
龍爪花
 読み方:りゅうそうか

花も綺麗だけど名前も綺麗な。お彼岸が来たなと教えてくれる。

妖しくて幻想的な花。今年も見れて良かったな。春は桜、秋は彼岸花。好きな花は沢山あるけど、この2つは外せない。
花言葉は「情熱」「悲しい思い出」「独立」「再会」「あきらめ」

ヒガンバナは夏の間は地下の球根だけになり、春も盛りを過ぎ、気温がどんどん上がってくるようになると、地上の葉はその用を終えて枯れる準備を始める、球根内部では次の花を咲かせるための準備がもう始まっている。その準備も8月の中ばには完了し、いつでも花を咲かせることができるような状態になっている。7月~8月の長く続いた寝苦しい熱帯夜も終わり、最低気温(地温)が20℃前後にまで下がってくると、一斉に球根内部から花茎が伸び始め、あっという間に地上30~50cmまで伸びて開花する。
関西では、最低気温が20度前後にまで下がってくるのがちょうど秋のお彼岸の頃なので、ヒガンバナはその名の如くお彼岸に咲くことになる。年によっては、9月上旬に急に涼しくなるときがあるけど、そんなときには早く咲いてしまうこともある。だから、決してお彼岸に合わせて咲いているのではない。
でも、最近の地球温暖化により、お彼岸を過ぎても暑い日が続き、ヒガンバナが10月になってから咲くような年もある。

ふむ。やはり気温が目安だったのか、スッキリ!
王子に疑問に思わないか聞いたけど全然不思議に思った事とかなかったみたい。むーー(´・ω・`)
まぁ、来年からは悩まなくて済むかな((´∀`)


旅行













コメントを残す

*