ハリネズミをいきなりなんの知識も無く飼い始めてはや半年が経ちました。

 

その間、色々自分で検索したり、ハリネズミのオープンチャットで相談させて頂きました。

ハリネズミはダニやカビの皮膚疾患が多いって言うのを良く目にしましたし、自分も悩んだハリネズミのダニについて、今後同じように悩む方の為にまとめてみました。

 

調べて行くとハリネズミでケアする必要が有るダニは1種類だけでは無いので、ダニの種類毎に対策が必要だと気付きました。

1:ハリネズミをお迎えした時、最初に注意するダニはヒゼンダニ「疥癬」です。

お若い方は余り聞いた事が無いかも知れませんがヒトにも「疥癬」はつきます。

https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/380-itch-intro.html

(国立感染症研修所:疥癬について)

 

http://www.kansen-wakayama.jp/page/page030.html

(和歌山市感染症情報センター:疥癬を正しく知りましょう)

(環境省:人と動物の共通感染症にかんするガイドラインから引用)

この様にヒトを含めほぼ全ての動物に疥癬は付きます。

ハリネズミを購入して最初に心配するのが疥癬なのは他の生体から既に感染してる可能性が有るからです。

ダニの感染は購入直後の幼若な個体から、1歳程度の若齢個体で問題となることが多く、一方で比較的成長したハリネズミやダニの寄生数が少ない場合には顕著な症状を示さないこともあります。症状は背中の針の間に鱗屑がみられ、後ろ足で頻繁に掻く仕草がみられることが多いです。重度寄生の症例では脱針や皮膚の発赤がみられることもあります。

鱗屑の採取や皮膚搔爬検査で得たサンプルの鏡検でダニの虫体や虫卵を確認することで診断します。鱗屑や脱針が少なく鏡検での診断が確定できないものの痒みが認められる症例では、駆虫薬の試験的投与を行うこともあります。

治療はセラメクチンなどの駆虫薬を使用します。ほとんどの症例で効果が確認されますが、駆虫薬の投与は3〜4回繰り返し投与が必要となることも多いです。同時に、床材や巣箱などは治療中はできる限り頻繁に交換し、ケージ内の衛生環境の改善させます。ダニの寄生に真菌感染が併発している症例も多く、真菌培養などで感染の有無を確認し、抗真菌薬の投与が必要となる場合もあります。

 

ハリネズミは起きてすぐ、運動した後、餌を食べた後等、体の血流が良くなると体を掻きます。それは自然な事なので何時も執拗に掻いていたり針が病的に抜けたりする様子が見られたら必ず病院を受診してください。自宅で完治は困難です。皮膚の下に卵を産みますのでその卵が孵る頃に再度治療が必要です。

 

 

2:育てていく上で注意する屋内ダニについて

室内に生息するダニを「屋内ダニ」と呼び、おおよそ6種類に分類することができます。

チリダニ(ヒョウヒダニ)科     :約80%
イエササラダニ科  :約10%
ツメダニ科     :約5%
コナダニ科     :約2%
ホコリダニ科    :約2%
ニクダニ科     :約1%

1番多いチリダニは

生息場所は、カーペット、布団、ソファー、ベッドなどの布製品です。

このチリダニの厄介な点は、大型のダニの餌になるため、チリダニが増えるとさらに有害な人を刺す大型のダニが増殖してしまうという点です。

温度25度前後で湿度が70%前後の環境を好むためハリネズミの生育環境はダニの好む環境となります。

ダニを退治するためには、50℃以上の熱を20~30分以上、あるいは60℃の熱を当てる必要があるといわれていますがなるべくこまめにハリネズミの寝床等は洗濯したりアイロンを掛けてあげれば安心です。

 

3:マダニ等屋外に居るダニ

基本室内で飼育するハリネズミですからマダニの危険は少ないです。が稀に屋外でお散歩される方も居られるのでリスクは知っておくべきだと思います。

公園や畑、あぜ道、草むらにもマダニは生息していますがハリネズミは手足が短いため地面から近くマダニに噛まれる危険は有ります。犬・猫等を一緒に飼育している場合、屋内飼育のハリネズミと一緒に遊ばせるとそこからつく可能性も0では有りません。もしマダニを見つけたら病院で取り除いてもらって下さい。頭が食い込んで無理に引っ張ると頭が残り稀にマダニによる感染症を引き起こします。

 

 

4:まとめ

「ハリネズミのダニ対策ってどうされてますか?」と良くめにしますが、これだけの事を説明するのは容易ではないのでまとめてみました。

先ず、ヒゼンダニはもし居るとしたら購入時から居ます。最初居なかったのに途中から居る場合は、何処かでヒゼンダニに感染したハリネズミと接触した場合です。後からお迎えした子にヒゼンダニが居ないと分かるまでは一緒にしない方が賢明です。

ハリネズミを飼育する環境は屋内ダニが好んで生育します。出来るだけ清潔な環境で育ててあげて下さい。

屋外で遊ばせる方は良く場所を選んでくださいね。

 

皆さんのハリネズミが快適に過ごせます様に