最近、王子はクリエモンが喋らなくても何を考えてるか分かると言う。
眼の前に居たら表情とかで読み取る事も出来るだろうがライン中でも分かるらしい。
王子曰く「心の声が聞こえる」とか(´・ω・`)

でも、これは大体ラインで王子が意地悪してる時でクリエモンが嫌がってるのを、嫌がってない、喜んでると解釈している他愛もない場合。妄想ですね^^と答えてるw

が、ホントに分かってる時が有ってビックリする事が有った。

先日買ってもらった冷蔵庫を見てたら、「何?シール貼りたいの?」って。
ドキ!( ゚Д゚)正しく考えてたwwwなんのシール貼ろうかな?って。(;´・ω・)
もう貼る前提で考えてた。
なんだか凄く解りやすいらしい?そんなに感情を表に出すタイプでも無いと思うのだが・・・。
あ、違うなニヤニヤは良くしてるな。けどニヤニヤからシールを当てるか?じっと冷蔵庫見てたからか?
むーー(´・ω・`)3歳児だからですね!これは表情とかではなく思考回路を今までの事から予測してる結果だよ~。
1回シール貼っただけなのにブツブツ

まだ自分の衣装ケースにしか貼ってないのに~~~!(´-ω-`)

 

 




逆に王子は良くポーカーフェイスだと言われるらしい。
これは彼が早く大人になる必要が有ったから身についたんだと思う。大きな仕事を若い内からこなすうちに平気な顔をしてないといけなかったから。

心理的な仮面をペルソナと言い、誰もがTPOに応じて付け替えてる。それは普通の事なんだけど、

 

http://thinking-free.com/

役割期待に応える事を重要視しすぎてしまうと、「本来の自分と仮面を同一化してしまう」「仮面の方が強大になり過ぎてしまう」といった仮面による過剰反応が起こります。いわば仮面が顔から離れなくなってしまった状態であり、また自分で取る事も出来ない、本来の自分を見失ってしまったといえます。

例えば「会社人間」といわれる人は、過剰反応してしまった典型的な例であり、人間的な部分が見えにくい堅苦しいだけの人間となります。

また会社と自分との感覚が限りなく0に近づき会社と自己が一枚岩となり、「会社を守る事が自分を守る事」という心理状態となり、会社を守る為に平気でウソをついたり、犯罪にまで手を出すといった事も起こります。
社会で生きていく仮面はあくまでも外の仮面であり、自身の本質的な部分はあくまでも内面にあります。しかしその差が大きくなればなるほど、それを必死に取り繕うと無理が生じ、神経症など精神を病んでしまうことになります。

酷くなると抑圧されていた内面が突然爆発し、犯罪や蒸発、自殺といった形で人生を終わらせてしまうといったケースもあります。

ですので「過ぎたるは猶及ばざるが如し」ということわざにもあるように、何事にもほどほどというくらいが肝心であり、やり過ぎることはやり足りない事と同じように、良いこととは言えないという事です。(社会で生きるために必要な深層心理引用)

 

 

 

 
そんな王子の仮面もクリエモンの前では外れまくり。ニヤニヤしてるのは勿論だけど、人混みではぐれた時、待ち合わせ場所からクリエモンが移動してた時、クリエモンを見つけた瞬間の王子の顔は、世の中にこんなに心配そうな顔をする人が居るのだろうかと胸が痛くなる様な表情を浮かべている。迷子になってごめんね(m´・ω・`)m

なら、クリエモンも王子の役に立ててるかも?仮面を外す場所として。1番安心出来る(迷子は別だが)場所として。
癒されるて最初から言ってたけど、王子より大人?長生きしてるクリエモンから見たら、情熱は何時か冷める物だと思ってた。だから今を大切にしたいって。
けど、なんだか王子は違うみたい、今までと。もしかしたら冷めない情熱を持ってる人かも知れない。
さて、こんな心の声は聞こえてるかな?(基本王子はブログ見ないのでw)
「冷めない」って王子の声が聞こえるのは願望かな?