1967年、目の障害1級の母の元に長女として産まれる。翌年、妹誕生。
2才の時、実父が舌癌にかかり3才の時に死亡。

生活力の無い母は周りに勧められたのか、5才の時には2番目の義理の父が居た。
普段は優しいが酒乱。その時代良く有る話だった。色々な虐待が始まったのは小学生になる前後からだった。
毎日殴る蹴るは当たり前で、鼓膜が破れたり鼻血が出たり、唇が切れたり、逆らうと歯止めが効かなかった。
母はパチンコにはまり、借金生活。
中学時代から荒れだし中学を卒業して働きながら准看護学校に通い、2年後寮から帰った時、母は家出して居なかった。
それまで、勤務先に無心に来て居たのに、借金でどうしようも無くなったらしい。
後には義理の父と妹だけが残されていた。
酒乱の父と地獄が始まった。




定時制高校に通い病院で8時間働きながらも、ドンドン壊れて行く。体重は20才迄36キロしか無かった。
死んだ方がマシ、なんで気が狂わないの?と思わない時は無かった。

20歳の夏、どうにもならなくなって自分で左手首の動脈を切った。
今も左手の橈骨動脈は切れたまま。手首の動脈が切れた位では失血して血圧が下がると失神するだけで出血も止まると知らなかった。

20才の冬、妹が突然、「逃げよう」と言って着のみ着のまま、妹の友達の家に転がり込み、水商売をしてる時に知り合った男性と21才で結婚して、お水をやめた。
妹は、親戚から母の居所を聞き出し、数年振りに有った時、3番目の父と暮らして居た。それが現在も同居してる父で有る。

22才で長女を出産、母の近くで産んで2週間目に(元)旦那の兄から電話が来た。
まだお水をしていた妹が、閉店片付け中、強姦されそうになり抵抗した為絞殺されたと警察から連絡が来たと。
犯人は片足が松葉杖が要る障害者だった為8年の刑期だけだった。

それからも色々な事が有った。

何故、今日こんな事を書いてるのか?

何回も夜中に飛び起きた。恐怖で夜も眠れなかった。

それが王子と出会い、人に優しく出来る様になり、Twitterで人が好きなのが伝わって来るとコメント頂ける様に迄なった。

もう、過去と完全に決別したと思って良いよね?

救急外来と言う職場柄、日々人の命の儚さも身に染みている。
死のうとした自分は死ねず、妹は儚く逝ってしまった。

生き残った事に意味は有ったんだね?

昔の自分へ
生きていて良かったと思える時が来るから。
人は優しいと信じれる様になるから。

公開する内容では無いのかも知れません。
不快にさせたらごめんなさい。

ただ、今辛いと思っている人が居たら、環境も自分も変わると伝えたかった。

こんな私を優しいって言って下さる皆さんに感謝を込めて。ありがとう。

欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中

Twitterアカウントはこちら

クリエモン
https://twitter.com/PU6BKf60JPbtZ2Y
お気軽に絡んで下さい!(^^)!