1972年大晦日の晩、札幌の時計台横丁(架空の地名)にある「北海亭」という蕎麦屋に子供を2人連れた貧相な女性が現れる。閉店間際だと店主が母子に告げるが、どうしても蕎麦が食べたいと母親が言い、店主は仕方なく母子を店内に入れる。店内に入ると母親が「かけそばを1杯頂きたい」と言ったが、主人は母子を思い、内緒で1.5人前の蕎麦を茹でた。そして母子は出されたかけそばをおいしそうに分け合って食べた。この母子は事故で父親を亡くし、大晦日の日に父親の好きだった「北海亭」のかけそばを食べに来ることが年に一回だけの贅沢だったのだ。翌年の大晦日も1杯、翌々年の大晦日は2杯、母子はかけそばを頼みにきた。「北海亭」の主人夫婦はいつしか、毎年大晦日にかけそばを注文する母子が来るのが楽しみになった。しかし、ある年から母子は来なくなってしまった。それでも主人夫婦は母子を待ち続け、そして十数年後のある日、母とすっかり大きくなった息子2人が再び「北海亭」に現れる。子供たちは就職してすっかり立派な大人となり、母子3人でかけそばを3杯頼んだ。

(ウィキペディア引用)

ご存じの方も多いお話かと思います。

地元密着サイトの「姫路の種」でこんな記事が紹介されてました。

詳しくは記事を読んで頂けたら分かりますが姫路に有る6つの店舗で各1店舗、1日1組で事前申し込みしたら該当のコースを無料で頂けるようです。

この中に以前ご紹介した焼き肉屋さんの名前も有りました。

今、飲食業界は中からも外からも大変だと思います。

バカッターと言われる極々1部の人の記事がバズるために後々営業できなくなるような被害が出たり。

なのに良い話は中々話題になりにくいです。

今回、この姫路の種さんを見て無ければ近くに住んでいても知らなかったかも知れません。

お金を払ってなら誰にでも行って欲しいですが、面白半分にだけは使われる事無く、善意のままに使われる事を祈ります。

新しい試みを頑張ろうとするお店。素敵だと思います。

実際に使うか使わないか、知らなければ使う機会すら在りません。

ブログランキングを外したのも恋愛だけの事を書きたいのではなくその時書きたい事を書きたいってのも有りました。

題名が超年下彼氏と遠距離恋愛となってるのに可笑しいと思う方は、ごめんなさい。こういうブログです。

この試みがもっと伝わって広がって行きます様に

勤務先の病院で独居の高齢の方、高齢のご夫婦も良く来られます。

国民年金だけでは大変な事も良く分かります。

最初はシステム的に色々問題も出るとは思いますが、6店舗さんの気持ちが折れる事無く広がって行きます様に。

もっともっと広がって姫路のお店ではこんな事を始めている。うちの街でも!と広がります様に・・・。