もしも事実婚を選んだら? 超年下彼氏と遠距離恋愛


事実婚でも内縁でもパートナーでも呼び方は色々あるとして入籍しない場合、

具体的にはどんなデメリットが有るんでしょうか?

・世間体が悪い

これは昔の内縁関係がお妾さんなどを指していたことも関係するかも知れません。昔の日本は男性が結婚しているままに他所にも女性を囲ってる時代も有りました。公に夫婦になれない関係を内縁とも呼んでいた時代。

・共同親権が持てない

これはクリエモン達には関係有りませんがどちらかしか親権は持てません。

・どちらかが死亡した時に相続権が無い

例え2人で財産を築いたとしても相続は出来ず、贈与とみなされ贈与税が掛かります。主な財産は法的親族に渡されます。

・どちらかが認知症になった場合、成年後見を申し立てる事が出来ない。

うち、危ないですねwクリエモンが認知症になっても王子は後見人になれません。
(そのような事態になる前に任意後見契約を結ぶ必要がある)

・「配偶者」と証明しにくい

これは職場で多々有ります。それだけ入籍していない人が多いって事でもあるんですが。手術同意書にサインが出来なかったり、病状説明が出来なかったりします。今は個人情報保護の為、電話では警察にすら話せません。

・生命保険の受取人や、住宅ローンの連帯保証人になりにくい。


・法律婚では取得できる配偶者の戸籍抄本などを取り寄せることはできない]、などの問題がある。また、夫婦の一方が海外赴任をする際に、事実婚では配偶者ビザが認められないことが多い。

・税金の配偶者控除が受けられない。

・医療保険控除の合算が出来ない。

・厚生年金で配偶者の控除が受けられない。

・クレジットカード・マイレージ・携帯電話などの家族割が受けられない。

・何か2人にトラブルが有った場合、法律婚なら損害賠償が受けれるケースでも事実婚だと認められない事も有る。

住民票の記載

法律婚ではないため戸籍の移動を伴わず、従前戸籍のままで姓も変わらない。住民基本台帳法には世帯主でない者には「世帯主との続柄」を記載するように規定しているため、「同居人」もしくは「夫(未届)」「妻(未届)」と記載されるが、各自治体に任されているのが現状である。
住民票続柄を「未届の妻(夫)」とすることで世帯(住居及び生計を共にする者の集まり[35])が同一となり、事実婚と同棲とをはっきり区別させることができるようになる。このため、勤務先から家族手当を受けたり、生命保険の受取人になることができる(ただし勤務先の規定や保険会社の規定による)。なお、単身赴任等で世帯を同一にできない場合は、このような記載をすることはできない。
子どもは母親の姓で戸籍上「非嫡出子」となり、住民票の続柄には「子」と記載されるが、家庭裁判所の判断で父親の戸籍に入り父親の姓にすることもできる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

と、上記のような住民票の出し方も有ります。

ただの同棲よりは両方に婚姻の意思・夫婦の意思が有ると多少は認められやすくなります。

色々複雑ですね~。(´・ω・`)

果たして自分たちはどうするのか?

今は各自色んな考えが有りますが、毎度政府・法律が追い付いてこないのが現状です。

一体どうしたもんやら・・・。



コメントを残す

*