コーデュロイ -コール天ー


流行は繰り返すと言うけれど、これはもう無いやろって思ってたのがラメとコール天。

去年位から良く見かける様になりこの秋から遂に買ってしまった。

 

鞄もズボンも上着にもwパーカーに至ってはメンズサイズで王子とお揃いで有る(*ノωノ)

今度、お出掛けする星旅祭用(〃艸〃)ムフッ最近夜寒いし、屋外のイベントだし。

https://kuriemon.shop/star

過去記事:星旅祭

 

 

コール天とは

英語のコーデュロイ corduroyの転訛語で,本来,フランス語のコルド・デュ・ロア corde du roiから出た名称。パイルで縦うねを表わした織物。うね幅は通常2~3mmで,ほかに種々の幅がある。繊維は綿で,地組織は平織,綾織。用途は,婦人子供服,背広上衣,ズボン,足袋,椅子張地など。

当産地の中心である旧福田町の織物の歴史は古く、天保2年(1831年)庄屋の寺田彦左衛門が大和地方を旅行した際、雲斉織の業を見て、当時農業・漁業・製塩業を生業としていた当地の家内職業に好適として、その技術を移入したのが初めとされています。また、鉄道(東海道線)開通前は遠州灘の港として帆船の出入りも頻繁に行われていたため、帆布の製織も行われていました。明治18年頃には既に帆布、雲斉の製織は地方自給の域を脱し、大量生産に進んでいたようです。
そうした中で明治中期になり、輸入コール天を見本としてコール天製織の研究が開始されました。当時は、輸入コール天が鼻緒材料として非常な人気を博していました。旧福田町では寺田伝吉氏ら幾人かの努力が身を結び、明治28~29年頃製品化され、急速な発展を遂げました。




古い、なんと明治時代から有ったとか。子供の頃ってそういえば冬はコール天の服が多かった気がするな。
子供達には1回も買った記憶が無いけど。

モフモフが好きだから嬉しいけどねw
今は買い物に行けばどのお店でもコーデュロイの服やら鞄が置いて有るね。
流石にラメ素材だけは買えない。。。中学生の頃、ヤンキーでずっと着てた黒歴史を思い出して無理(ノД`)・゜・。
ラメの毛糸で腹巻編んでたとかwwwダメだ、笑えない(/ω\)

Twitterアカウントはこちら

クリエモン
https://twitter.com/PU6BKf60JPbtZ2Y
お気軽に絡んで下さい!(^^)!


ネットで洋服


 
















コメントを残す

*