キュロットスカート?ガウチョ?


先日軽くショックな事が有った。
普段、自分では年より若い恰好をしていると思っていた。王子に関係なく。

pinkがクリエモンで有る。(´・ω・`)

イオンモールの中の専門店でガウチョを買って店を出ようとしたら、70歳は超えておられるであろうご婦人が同じガウチョを購入されているのを見てしまい軽くショック・・・。

このガウチョ。濃いネイビーとホワイトの細いストライプでトップがなんでも合いそう♪と弾んで買ったのだが。(´・ω・`)
なんとなくショックを受けたんだよ(´;ω;`)失礼でごめんなさい。

けど考えたら昔からこんなのおばあちゃん達履いてたような?
キュロットスカートって昔からあったよね?




検索しました!!( ー`дー´)キリッ

ガウチョ=牧童
南アメリカのカウボーイ、ガウチョの着用していた、ふくらはぎ丈-七分丈のゆったりしたズボンの一種。
履き心地がよく動きやすいのがメリット。
素材やブラウス、カットソーなどの選び方によって
エレガントにもカジュアルにも着こなせそうな、
注目のアイテムです。 
一方で、
人生経験の豊富な世代の方々には・・・・
「こ、これはキュロットスカートなのでは?」
と思う人はいるかもしれません。
キュロットスカートとは・・・
フランス語+英語(フランス語: culotte+英語: skirtの)和製カタカナ語。
半ズボンと同じ作りだけど、裾に向かって広がったゆったりとした作りで一見スカートに見えるもの。
スカートの一部と考えられています。
ハーフパンツなどとの違いは裾の広がりで見分けるので、
裾が広がってスカートみたいなものはキュロットなんですね。
要するにガウチョパンツは、ズボンの種類のひとつ、
キュロットスカートはスカートの一種なのですね。
(Lady’s Code Collectionin:参照)

わ、解らん!!確かに言葉上、末尾がパンツとスカートだが。更に検索!

商品名
定義(日本において)・違い・共通点
ガウチョパンツ
 
■丈= 基本的に丈はひざ下丈(ふくらはぎ丈くらいが基本)
■似たアイテム=Aラインスカート、サルエルパンツ
■外観=キュロットと比べるとパンツに近い外観
 
*ものによっては、静止状態だとスカートにしかみえないものもあり。
(そういったものも、大体は歩くと股が分かれていることがわかる)
 
キュロットスカート
(キュロットパンツ)
 
■丈= 基本的にひざ上丈
■似たアイテム=ショートパンツ、フレアスカート
■外観=スカートに近い外観の商品。
特に、パンツの上にスカート布がかかっているタイプはスカートかパンツかわからない
([FASHION(繊維/流行)GUIDE.JP]引用)

むーー(´・ω・`)要は丈みたい。ガウチョはひざ下、キュロットはひざ上。スッキリ!!

アレ?けど昔から長いキュロットスカートって無かった??
混乱してきたけど、問題は丈の話で、短い順にキュロット(ひざ上丈)、ガウチョ(7分丈)、フレアー(10分丈)みたいな?
(´・ω・`)

クリエモンの体感からすると昔はズボンだけどスカートに見えるのはなんでもキュロットスカートって呼ばれてたのが今は細かく分かれてるって事かな?きっとおばあちゃんにガウチョ見せても、フレアーパンツ見せても、キュロット!って言うと思う。

あ、問題はそこじゃ無かったのに。自分の選んだ服がかなり年上の人とダブった事がショックだったのに・・。
なんでこうなった(´・ω・`)


ネットで洋服


 
















コメントを残す

*