食中毒に注意 ー原因・予防・対策・治療・二次感染予防ー


一昨日の夜間、少し離れた施設で小学生の集団食中毒が発生しました。
これから食中毒の増える季節です。

食中毒の原因

食中毒とは、食中毒を起こすもととなる細菌(さいきん)やウイルス、有毒な物質がついた食べ物を食べることによって、げりや腹痛、発熱、はきけなどの症状(しょうじょう)が出る病気のことです。食中毒の原因によって、病気の症状や食べてから病気になるまでの時間はさまざまです。時には命にもかかわるとてもこわい病気です。

細菌による食中毒にかかる人が多くでるのは気温が高く、細菌が育ちやすい6月から9月ごろです。ウイルスによる食中毒は冬に流行します。また、キノコや魚のフグなどには、自然に有毒な物質を含んでいるものがあり、そういったものをまちがえて食べることによって食中毒になることもあります。食中毒を起こす細菌は、土の中や水、ヒトや動物のひふや腸の中にも存在していて、とくべつな菌というわけではありません。そのため、食品を作る途中で菌がついてしまったり、家庭で料理したものを、あたたかい部屋に長い時間置いたままにしておくと、細菌が増えてしまいます。




サルモネラ菌

十分に加熱していない卵・肉・魚などが原因となります。

生卵、オムレツ、牛肉のたたき、レバ刺し

乾燥(かんそう)に強く、熱に弱い特徴があります。
食後、6時間~48時間で、はきけ、腹痛、げり、発熱、頭痛などの症状が出ます。

黄色(おうしょく)ブドウ球菌

ヒトのひふ、鼻や口の中にいる菌です。傷やニキビを触った手で食べ物を触ると菌が付きやすくなります。そのため、加熱した後に手作業をする食べ物が原因となります。

おにぎり、お弁当、巻きずし、調理パン

この菌が作る毒素は熱に強く、一度毒素ができてしまうと、加熱しても食中毒を防ぐことはできません。
食後30分~6時間で、はきけ、腹痛などの症状が出ます。

腸炎(ちょうえん)ビブリオ菌

生の魚や貝などの魚介類(ぎょかいるい)が原因となります。

さしみ、すし

塩分のあるところで増える菌で、真水や熱に弱い特徴があります。
食後4時間~96時間で、激しいげりや腹痛などの症状が出ます。

カンピロバクター

十分に加熱されていない肉(特にとり肉)や、飲料水、生野菜などが原因となります。また、ペットから感染することもあります。

十分に火が通っていない焼鳥、十分に洗っていない野菜、井戸水(いどみず)やわき水

乾燥に弱く、加熱すれば菌は死滅します。
食後2~7日で、げり、発熱、はきけ、腹痛、筋肉痛などの症状が出ます。

 

腸管出血性大腸菌(ちょうかんしゅっけつせいだいちょうきん)(O157、O111など
十分に加熱されていない肉や生野菜などが原因となります。

十分に加熱されていない肉、よく洗っていない野菜、井戸水やわき水

菌には、O157やO111などの種類がありますが、十分に加熱すればふせげます。
食後12~60時間で、はげしい腹痛、げり、血が多くまざったげりなどの症状が出ます。
症状が重くなると、死ぬこともあります。

 

ノロウイルス

カキなどの二枚貝を生や十分加熱しないで食べた場合や、ウイルスに汚染(おせん)された水道水や井戸水などを飲んで感染することもあります。

十分に加熱されていないカキ、アサリ、シジミ

熱に弱いので、85度以上で1分間以上加熱。食中毒にかかった人の便や、はいたものから感染することもあるので、さわったら石けんでよく手を洗います。
食後1~2日ではきけ、ひどいげり、腹痛などの症状がでます。

E型肝炎(かんえん)ウイルス

加熱不足のブタなどの肉や内臓を食べたことが原因となります。また、海外の地域によっては生水や生ものから感染する場合もあります。

十分に火が通っていないブタの肉やレバー

熱に弱いので、生食をさけ、中心まで十分に加熱すればふせげます。
ほとんど症状は出ませんが、一部の人は感染から平均6週間たつと、だるくなったり、ひふが黄色くなったり、発熱したりします。

 

 

食中毒の予防

手洗いは、食中毒を予防するための基本です。食中毒は一年をとおして発生するので、ごはんやおやつを食べる前にはかならず手を洗うよう習慣をつけましょう。石けんをよく泡立て、手のひら、手の甲、指の間、つめの間と、洗い残しのないようしっかりと洗い、十分すすぎましょう。
洗った後には、きれいなハンカチやタオルで手をふきましょう。

食中毒をふせぐための3つのきまり

食中毒を起こす細菌やウイルスが食品についてしまったかどうかは、見ただけではわからないし、味やにおいもわかりません。食中毒をふせぐための3つのきまりがあります。それは、原因となる細菌やウイルスを「つけない」「増やさない」「やっつける」です。

つけない
細菌は小さくて目で見ることはできないため、食品についているか、ついていないかを確かめることはできません。
つけないためには
手や洗える食べ物はしっかり洗う。まな板、ほうちょう、食器をきれいに洗い清潔にしましょう。肉や魚は他の食品と分けて包んで保存しましょう。
増やさない
細菌やウイルスは時間とともに増えてきます。また、温度、栄養、水分が満たされた環境になると育ちやすくなります。生ものや作った料理をあたたかい部屋に置いたままにすると細菌やウイルスが増えてしまうので、すぐに食べないものは、冷蔵庫に入れるなど、低い温度で保存しましょう。
増やさないためには
生ものや作った料理は早く食べるようにしましょう。すぐに食べない料理は、冷蔵庫に入れて保存しましょう。冷凍された食品を解凍(かいとう)するときは、冷蔵庫内や電子レンジで行うようにしましょう。
やっつける
細菌やウイルスの多くは高い温度に弱いので、十分に加熱することでやっつけることができます。
やっつけるためには
料理をするときは、食材の中心まで熱がとおるよう、十分に加熱しましょう。食品を加熱するには、焼く、煮る、蒸す、揚げる、ゆでる、炒めるなどのほかに電子レンジも利用できます。

 

http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/kodomo_navi/featured/afp2.html :農林水産省参照

治療

基本的に菌を腸から洗い流す事です。誤嚥(ごえん:誤って気管に入る事)に気を付けて水分をしっかり取ってドンドン便を出しましょう。食事が無理なら水分だけは取りましょう。勿論、病院に行って下さい。水分を取るとトイレに行きたくなるから嫌だというのは困ります、腸から菌を洗い流す為にも積極的に水分を取って下さい。子供さんや高齢な方はすぐ脱水になりますので、必ず早めに病院に行って下さい。

 

二次感染の予防
汚物を拭き取るのに使用したものは、全てビニール袋に密閉して捨てて下さい。
お風呂で同じ湯船に浸かることで、二次感染する可能性があります。ノロウィルス感染症の方はシャワーだけで済ませるか、一番最後に入浴するようにして、その後湯船のお湯は全て捨てましょう。

ノロウィルスは非常に感染力が強く、家族など身近な人間が感染した場合、かなり高い確率で二次感染を引き起こします。嘔吐物や便を処理するときは、接触感染や飛沫感染を防ぐために、マスクや手袋、ガウンなどを着用して下さい。これらは全て再使用せず、使い捨てするようにします。次に布やキッチンペーパーなどで、汚物を拭き取ります。このとき汚物が飛散しないように、静かに拭き取るようにして下さい。
その後ウィルスが残留して、空気感染するのを防ぐために、次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度約200ppm)で殺菌します。ノロウィルスはアルコールでは殺菌できないので、必ず、次亜塩素酸ナトリウムを使用して下さい。殺菌する場合は次亜塩素酸ナトリウムを、浸すようにして床を拭き取ります。その後は、水拭きをしておきましょう。汚物を拭き取るのに使用したものは、全てビニール袋に密閉して捨てて下さい。この時ビニール袋の中にも、次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度約1,000ppm)を入れて、廃棄物がじゅうぶん浸るようにします。消毒は次亜塩素酸ナトリウムを含む、家庭用の塩素系漂白剤で代用することもできます。

 

 

お弁当を食べて食中毒になったかたも良く来られます。お弁当はしっかり火を通して、涼しい場所で保管して下さい。変な臭いがしたら食べるのは止めましょう。認知症の方はニオイが解らない方がいるので要注意です。

 

クリエモンも去年、鳥のレバ刺し食べてカンピロバクターにやられた事が・・生のキモ刺し旨いんだもん!カンピロバクターって少しでも居たら感染するらしいので良く焼いて食べて下さいね。3日間、断食しました(´・ω・`)


暮らし


































コメントを残す

*