殺害された妹 報道に関して 超年下旦那と遠距離恋愛


この記事を書こうか書くまいか悩みました。

以前にも触れた事が有りますが、今から29年前年子の妹を犯罪被害者として失いました。

 

過去の自分へ

 

あれから早や29年・・・。

1990年の1月の事でした。

予定日より3週間も遅れて鉗子分娩で第1子となる長女を出産した後、その当時大阪で住んでいた母の元に居た自分に元夫の義理の兄から連絡が入ったのは。

生後2週間だった娘を連れて親と姫路迄タクシーで向かいました。まだ携帯電話が普及していなかった時代です。

生まれたての赤ちゃんの荷物も全てまとめて車に積み自宅へと向かいますが

何も分からないままです。

その当時スナックで勤めていた妹。たまたま1人で店仕舞いをしているところを襲われ、抵抗したために絞殺されてしまった妹。

 

犯人はすぐ見つかりました。妹の爪に残った犯人の皮膚、松葉杖の音を複数の人が聞いていたために特定されました。

解剖に回されていたため遺体が帰って来たのは1週間以上経っていたのか、その頃の記憶はかなり曖昧です。

「死んだ」って事が分かってるけど受け入れられない、消化できない

母乳の娘の世話もしないといけません。

何をしてても静かに流れ落ちる涙

寝る事も出来ず母乳も出なくなり、お腹が空いて泣く娘

周りは「食べないと」って言うけど頭の中は「なんで?」「どうして?」

「まだ娘も抱っこしてないよ?」とても食欲なんて出る筈が有りません。

お通夜で久しぶりに見た妹の顔は生前とは全く違う顔でした。

青くむくみ髪も全部剃られ

又その顔を見たら「なんで?」って言う想いしかなく・・・。

犯人がすぐ捕まった事、司法解剖でお葬式が遅れた事もあり

通夜には加害者の両親が来ていました。

加害者の親に責任は有りません。が、どうしてもお参りしてもらう事は許せませんでした。

その後、裁判も有りましたが自分の精神状態が不安定だった為か乳児が居た為か余り警察と関わった記憶が有りません。

スナックのお客さんの付き合いで妹が生命保険に加入していたため

保険金狙いの疑いもあると刑事さんに言われた事だけはハッキリ覚えていますが。

犯人の顔も1度も見ていません。1度だけ法廷に行きましたが見る事は出来ませんでした。まだ自分の中で事件を認められなかったからです。

犯人が障碍者の為、たった7年の懲役判決でした。

 

今、何故29年も経って書こうと悩んだのか?

それは報道する側に報道スタイルが可笑しいのではと声をあげてくれる人が居たからです。

毎日、何の罪もなくただそこに居たから亡くなってしまった命と

それに群がる報道陣。

妹の時、妹の実名はすぐ報道され犯人の実名が報道されたのは記憶に有りません。

TVを見るのがもう辛くてつけなかったからです。

被害者の実名報道が要りますか?

なんの為ですか?

勤務先、通学先が要りますか?

すぐ忘れてしまうニュースの為に?

 

泣いてる人を追いかけてやりがいが有りますか?

心が痛みませんか?

麻痺しましたか?

 

勿論1番悪いのは犯人です。

被害者家族はまだ状況を把握する事も受け入れる事も出来ず

役所や警察の手続きもしなけらばならず

家族の世話もしないといけないんです。

 

家族のコメントが要りますか?

なんて返ってくるか想像できませんか?

 

妹の事件なんてもうグーグルにさえ検出出来ません。

今日、明日、1週間、新しいニュースが出るまで時間が埋まれば良いんですか?

未だにほぼTVを見ませんが

「スッキリ」で近藤春奈さんが「報道する立場の人が出来る事はこれ以上傷つけないこと」とおっしゃったと言う記事を拝見したので。

やっと、報道の在り方に内部から怒ってくれる人が現れたと思い、書く事に決めました。

Twitterでも事件の度に色々取沙汰されますが、家族はそれどころじゃないんです。漸く知りたいと思った頃には違う事件が報道されています。

被害者の実名報道は止めて欲しいです。

近所の人、勤務先への取材も。

家族はそんな事知られたくなんて無い。ましてどうなってるかなんて分かりません。

家に閉じこもり出れない状況にされてるのは報道陣が囲んでるからです。

どうか報道の在り方が可笑しいと思ってくれる人が増えます様に。

 

 


コメントを残す

*