笑いのツボ


考えてみたら王子とは付き合う上で色々と2人にとって好条件が重なっている。

2人の仕事を見ても特殊なケースと言える。

王子の勤務先は全国に支店が有るけど、東京と北関東を主に拠点としてた王子。
クリエモンと逢う為に拠点を東京からセカンドハウスの北関東だけにしても勤務上好都合だった。
エンジニア開発が北関東の支店がメインだったから。

クリエモンも勤務にまとまった休みが取れるから、週末の休める日に合わせて数日会いに行ける状態だったし、王子がマンションを借りていたので数日宿泊してもホテル代が不要。遠距離には交通費ってのもバカにならないしね(´・ω・`)
ホテル代が浮くだけで大分違う。兎角遠距離恋愛にはお金が掛かりますし。

と、条件的にも逢う事に余り支障が無いけど、王子とやっていけるなと思ったのは、そんな条件よりも笑いのツボが同じだったことが大きい。




セカンドハウスだったため、余り使って無かったマンション。冷蔵庫は霜がバリバリに貼っていた。食品入れるスペースが無い位。(´・ω・`)

2月に霜取りを強行したら何故か冷蔵庫から悪臭が!それもそこらへんで嗅いだ事が無い位強烈な奴!!
幾ら拭いても臭いが取れず何処から臭ってるのか分からず。王子がモーター部分を開けたら何やら黒いシミが・・・。
王子が拭き始めた途端、「くっさ!!めっちゃくっさ!!」と転げ始めた。
そして爆笑し始めた。余りの笑いっぷりにこちらまでつられて2人でお腹を抱えて涙をこぼしながら笑った。

その時思った「良いな。こんな場面でも笑ってられるって」て。

最初、王子の事は名前を呼びすてにしてた。ゲームの頃のままに。けど、敬う気持ちが強くなり名前にさん付けて呼ぶ様になった。ゲームを引退したのもその頃。

王子も最初は「こんな若造で良いの?」って思ってたらしい。
一緒に過ごす内に「保護者は俺の方だった」って気付いた様で(笑)もう全然言わなくなったな。

何時も不思議な位お互いが笑ってる。恋愛も久しぶりだけど、今までこんなにニヤニヤする事無かったのに。
何でだろうって思う位ニヤニヤが止まらないと言うか無意識?王子もそう思ってる。

最初っからバカップルの自覚有ったけど、これこのままなんかな?w
適当に飽きてくるのかと思ったけど全然そんな兆候が無くてむしろバカップルが進行してる・・・(V)o¥o(V)

余りに顔が似てないからかアチコチ出掛けて夫婦と言われた事は有るけど、親子と言われた事が無い。(王子可哀想w)
これからも王子の「○○行きたい!」は続くと思うけど何時親子と言われるかドキドキしてるw
もし間違われたらなんて言おうかなとかwなんか気のきいた台詞が無いかなとかw
実際に言われたらきっとショックだろうけど、免疫つけたいなとか。

明日は美容院に行く。「白髪染め?」て直球の王子・・。せめて「カラー?」位にしてw

早く一緒に笑いたい。同じ物見て、同じ物食べて、同じ布団で眠りたい。



恋愛系アイテム















コメントを残す

*