https://kuriemon.shop/park

(過去記事:藤の見頃-足利フラワーパーク-)

 

https://www.ashikaga.co.jp/

あしかがフラワーパーク公式サイト

4月末頃に行ったあしかがフラワーパーク。
園内に花が咲き乱れてるけど、あしかがフラワーパークと言えば藤の花。

 




えもいわれぬ薫りが園内に漂い、何処を見ても写真を撮りたくなる位美しい。
そんなあしかがフラワーパークがイルミネーションで2016年、2017年2年連続でイルミネーション日本一を獲得した。

王子と紅葉狩りに行くので1泊してあしかがフラワーパークも行く事にした。

 

https://kuriemon.shop/uzuma

(過去記事:秋の栃木市周辺観光をギュッと詰め込んでみる)

予定とは一部宿泊先が変更になって小山泊。夕方から両毛線に乗り富田駅に向かい、そこから徒歩10分。
春は沿道を人が埋め尽くしてたのに今は誰も居ない。

でも駐車場に着くと何台もの大型バスが停まっていた。
園内も程よい混雑で、車で来てる人が多いみたい。あしかがフラワーパークのツアーも組まれてるから団体さんも多い。

夜の入園料は大人900円。昼と夜は今は入れ替え制になっている。年間価格変動システムなので藤の頃は1700円だった。
もう日が暮れていたのでどこもまばゆく点灯している。

園内全域、隙間無くLEDが設置されてる。

花を型どったイルミネーションが多種多様に設置されており、時間と共に色が移り変わる。

小さい花や蓮の花、薔薇の花、同じ花でも色が次々変化していく。

園内を取り囲む壁には大パノラマが展開され、銀河鉄道や、日本の四季、花火大会等テーマ毎に音楽と共に姿を変えて行くので、あちこちで見入ってしまう。寄せては返す光の物語❗
所々に写真撮影スポットも有る。王子とツーショットを撮るけど、ここは自撮り棒が有る方が断然良かった(;´д`)上手く後ろの照明が入らない残念な写真の山が出来た。

そして王子が撮影したら50%位クリエモンが目を瞑っている。狙ってやってるの?(;´д`)

 

一番目を引くのは春に藤が咲いてた藤棚で、春の藤を再現し音楽に合わせて美しく点灯を始める光の藤。
一瞬を納める写真より、動画で撮影した方がお薦めである。藤棚から長い光の藤が垂れ下がり、下には光の絨毯、側面には小花を型どった光の花が波のように姿を変えて行く。

あしかがフラワーパークの公式サイトからでも短いけど動画が見れるのでどんな風に再現されているか見るだけでもかなり楽しめる公式ページになっていて、藤の花をダウンロードも出来る。一見の価値の有る公式ページだと思う。

 

https://youtu.be/YaPC8agjQw8

奇跡の大藤動画

あしかがフラワーパークには植物の即売も有り、お土産屋さんで発見したエアプランツ。相場よりかなり安い。

マスオさんも驚く安さw既に3個位コットンキャンディーは有るけど即買い‼花が付くまでに5年位掛かるらしい。まだエアプランツを始めたばかりだからコットンキャンディーの実物の花を見たのも初めて( ゚∀゚)

丈夫で育て安いのに余り流通していないソムニエンス1080円、ベルゲリー680円。安い…全て相場の半額から1/3位かなぁ?
大満足( ゚∀゚)