朝、王子のスマホが4時半から鳴り出します。
起きて筋トレしなさいって(笑)

王子は船で寝不足、昨夜も日焼けで寝不足

スマホのアラーム位で起きません。
目が覚めたクリエモンは
ホテルから朝日が見えないか窓から覗いて見ましたが
またしても見えず(-_-;)

7時半からの朝食もビュッフェでした。

パン好きだけどお粥も好きなので、お粥にしました♪
朝御飯も美味しい♪

今回準備しておいた旅のしおりによると、朝は服部屋敷跡で地踊りと太鼓を見に行く予定になってます。
が、まだ時間が有るので裏見ヶ滝温泉に先に行く事にしました。

旅のしおりを作ってみた 超年下彼氏と遠距離恋愛

島では今でも圏外になる場所が有るので王子ナビが活躍します(笑)ここでは人間ナビが要るのがわかってくれて助手席で寝なくなりました( ・∀・)


滝を裏から見れる珍しい場所と書いて有りましたが、かなりの坂道を登ります。

思っていたより水量は少なめでしたが、確かに滝の裏を通る事等無いので良い経験でした。
けど、この何処に温泉が有るの?
遊歩道しか有りません。
そして気になるのが木の上にシダが生えて、天辺にわらび?ぜんまい?が生えてる!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚

どうやら天然のヘゴらしいです。
チランジアを着生させるのに使ってますが、元はこんな大きな木のシダだったんだ( ̄□ ̄;)!!

遊歩道を一周して周りを良く探すと、道路の反対側、少しずれて有りました!裏見ヶ滝温泉!
階段を下りて行きます。
ここは無料、水着着用の混浴です。
一応更衣室も有りますが、予め水着を着て行きました。
洗髪等、体を洗ったりは禁止、お湯に浸かるだけです。

うーん、極楽、極楽。
掃除も行き届いていて自然の森の中でお風呂
寿命が伸びます( ・∀・)

さて服部屋敷跡に向かわなければ、見逃してしまいます!

*徳川幕府献上絹(黄い丈)御用船の船預り船奉行であった服部家の屋敷跡で、庭には樹齢800年の大蘇鉄があります。売店では手づくりの黄い丈小物、喫茶(パッションフルーツ生ジュースなど)があり、午前10時に一回、樫立手踊り(都無形文化財)と八丈太鼓の上演をしています。

入場料大人350円。
樫立手踊り12種類、ショメ節、八丈太鼓等30分位の演目でした。
歌い手のお姉さん、流石に良い声です。
踊りはゆっくり穏やかでした。

王子はパッションフルーツジュースがすっかりお気に入りでここでも飲んでました(笑)

観客席の頭上にはパッションフルーツの棚が作られてあり、まだ緑色のパッションフルーツがぶら下がってました。このパッションフルーツを使ってジュースを作ってるらしいです。

黄八丈を使った民芸品の販売もされてます。
王子の祖母に黄八丈で花を形作ったかんざしを買いました。

書きたい事が一杯で又明日に続きます( ・∀・)
ブログランキングに参加してます(‘◇’)ゞ
ポチっと押していただいたら喜びます(*ノωノ)