6月最後の週末に夫が来てくれました。

金曜日仕事が終わって片道7時間

姫路に着いたら0時です(^_^;)

G20の影響を受ける事無く無事に到着。

渡りがにと筑前煮で晩酌して早々に就寝。

翌土曜日はなんとか雨が降らずにお天気がもったのでお出掛けです。

ヤマサ蒲鉾の蓮は見頃を迎えていました。

 

そこから北上して原不動の滝を見に行きます。

日本の滝100選にも選ばれている滝です。無料駐車場に車を停めてから約15分ぐらいで到着します。ここは有料で大人200円。

土の階段を登ったり下ったり、吊り橋を進みます。

この滝は近くに寄る事は出来ず、吊り橋から観覧するだけでした。

少し下流ではキャンプ場があり、温泉も有ります。

原不動滝

〒671-4213 兵庫県宍粟市波賀町原625
 
途中お弁当を食べて以前から行きたかった日本で唯一の坑道ラドン浴「富栖の里」へ向かいます。
〒671-2415 兵庫県姫路市安富町皆河

調べた範囲では昔の鉱山跡で岩盤浴が出来る感じと思っていました。

物凄く田舎?片道車線がずっと続く山の中に有りました。

周りは山と川で森林浴には最適です。

体験で1人二時間2000円。作務衣に着替え坑道に向かいます。

蜂の巣状に何ヵ所にも、別れて寝具が置いてあり好きな所で横になるようです。

ミストが焚いてありちょっと蒸し暑い暗い場所、ヒーリング音楽が流れ爆睡してしまいました。(笑)

その後お風呂に入りますが、お湯は川の水を沸かしており、備え付けは固形石鹸1個です。

 

(・_・?)温泉何処?

どうやら坑道でラドンを浴びるのがラドン浴で温泉とは違ったようです…

 

2000円で?

 

夫と二人、温泉を期待してただけにちょっとガッカリ😵⤵️

森林浴は一杯出来たんですけどね(^_^;)

ラドンの効果・効能

美容効果
ラドン温泉やトロン温泉などはよく耳にしますが、ラドン坑道で得られるのも同じ様な効能です。坑道内で発生しているラドン(ガス)とは気体であるため口からとり入れるのがもっとも効果的ともいえます。
ラドンは昔から、リウマチ、抗がん作用、アトピー性皮膚炎、喘息などの症状に適しているといわれています。
体のサビの元である活性酸素を抑制し、体を正常な状態に導いてくれます。坑道浴することによってホルミシス効果が得られます。
ホルミシスとは刺激のことで適度な刺激は抗酸化作用を生み出します。そして適度な刺激を与えられた体は適応能力(生体防御)を高め、その結果ホルモンのバランスが整い免疫力の向上が期待されます。

ラドン浴によって促進され、生成される”抗酸化物質”とは?

抗酸化物質とは体のサビの元である活性酸素を抑制してくれる物質です。抗酸化物質は基本的に植物に多く含まれています。植物は太陽を浴びて光合成を行ってエネルギーを作り出しています。太陽光線に含まれる紫外線は、植物に含まれる細胞水と反応して強烈な活性酸素を発生します。
この酵素毒から自己防衛するシステムとして、抗酸化物を多く含むようになったと言われています。そしてそれが、緑黄色野菜や果物等に含まれるカロチノイドであり、ポリフェノールであるという訳です。
動物性食品の抗酸化物質は、こうした植物から摂取したものが蓄積した結果だと言われてます。例えばサケ・体表が赤い魚(鯛、赤魚)や魚卵(イクラ、スジコ)などに多く含まれているアスタキサンチン(カロチノイドの一種)も食物連鎖による植物由来の物です。

(引用元富栖の里ホームページより)