七夕そうめん


今日は一般的には七夕(一部地方を除く)
1年に1度、織姫と彦星がデート出来る日として知られてますが・・・。

七夕って結婚後の二人の結婚生活が楽しすぎたため、二人が働かなくなってしまい、それを怒った織姫の父親に罰として、天の川の挟んだところにそれぞれが移動させられてしまったというわけです。ヒィーー(ノД`)・゜・。

仕事大事!!(((uдu*)ゥンゥンうん
けどお父さんやり過ぎ(;^ω^)

クリエモンの愛読書「信長のシェフ」に七夕にちなんだ食事が1シーン有る。答えは[そうめん]
古代中国に「7月7日に死んだ帝の子が霊鬼神となって熱病を流行らせた。そこで、その子の好物だった索餅を供えて祀るようになったことから、7月7日に索餅を食べると1年間無病息災で過ごせる」という伝説があり、奈良時代に索餅が日本に伝えられると、麦の収穫期に麦餅を作る風習とともに宮中行事に取り入れられ、一般にも広がっていきました。やがて、索餅はそうめんへと変化し、七夕にそうめんを食べるようになりました。

 また、そうめんを天の川や織姫の織り糸に見立てて、七夕にそうめんを食べるという説もあります。

夏らしくて星の切り抜きだけとかクリエモンでも出来そう(〃艸〃)ムフッ季節のオクラもピッタリ。




美味しいそうめんの茹で方
大きめの鍋を用意し一束に対して500ccの水を準備する
鍋を火にかけて沸騰させる
茹でるときに梅干しを入れる(梅干しの酸の作用で麺が美味しく茹で上がる)
麺を扇状に広げて入れる
麺がくっつかないように菜箸で軽くかき混ぜる
麺がほぐれたらかき混ぜるのをやめる
お湯の対流にまかせて麺が動くのに任せたほうがよい(むら無く均一に火が通る)
※吹きこぼれそうになってもびっくり水は絶対にしない
びっくり水を入れると温度が下がり旨味を引き出せない
吹きこぼれは火加減を調節したり泡を取り除くことで防ぐ
茹で上がったらざるに上げ水でしっかり洗い、余分な塩分とぬめりを落とすようにしっかりこすって洗う
最後に氷水で一瞬締めたらすぐに皿に盛る

うん、毎度の事ながら間違ってました!ビックリ水入れてました(;^ω^)
時間通りに茹でたら洗濯物洗うみたいにしっかり洗う事、出来たそうめんを盛り付ける時は氷水に入れない事。

ええええ(´゚д゚`)そうめんてすぐくっつくやん?

そうめんは氷で冷やしすぎるとそうめんの甘みや旨味を感じにくくなる
水の匂いがうつる
麺が伸びる
という理由からだそうです。むーーーーー(´・ω・`)そうめんを外で食べる事無いから知らなかったよー。氷水に入れて食べてるよ・・・。

水切りするとき、ザルにドーナッツ状にそうめんを置くとしっかり水が切れるみたいです。
くっつくのを防止するためにゴマ油、サラダ油をかけて混ぜる、茹でる時の湯に油を入れる人も居るとか。
以前読んだ漫画では固まったそうめんを又洗うと元に戻ると読んだ事も有る。これは本当なのか検索してるがHITせず。
王子がそうめん嫌いだから中々検証出来ない(;´・ω・)今度行った日に半強制で作りますw余ると思うから翌日洗って検証するザンス~( `ー´)ノ結果は1週間後に報告します(*´ω`)

遠距離だとイベントをその時リアルタイムで一緒に出来るのが難しいけど大事なのは気持ちだよね(V)o¥o(V)
ウヰスキーカクテルにそうめん・・・斬新だけど気にしない、気にしない(笑)

川に見立てるから出来ないけど、1口そうめんを作る時はフォークでクルクルするとキレイに出来るとか(V)o¥o(V)

皆さんも幸せな七夕で有ります様に


料理食材注文


ぐるすぐり

 




















コメントを残す

*