正しい水分の取り方 ー熱中症・脱水の予防と改善ー


良く言う、「水分を補給しましょう!」
これってなんでも何時でも飲んだら良いの?どれだけ飲むの?

普通は難しく考える事は有りません。飲みたいときに飲みたい物を飲めば良いのです。
けど今の季節、やっぱり気になるのは熱中症。

本来、人が生活する上で1日に出て行く水分は約2,5L
これを水分だけで補うのではなく食事からも補います。
人間の体の60~70%は水分で出来てますがその内5%水分が失われると熱中症・脱水の症状が出て来ます。
人が水分補給をうまくできず、体内の水分や塩分濃度のバランスが悪化すると、腎臓は体内の環境を元に戻そうとリカバーをします。しかし負担があまりに大きくなると腎臓が疲弊し、弊害が起こるのです。

大量に1度に飲むのではなく200ml位を1日数回に分けて摂取するのが望ましいです。
総量はその人の生活により変わります、外で働いている人や、暑い場所で働いている人は汗の量に比例して摂取する必要が有ります。

そして、最近は皆さんご存知の様に大量に発汗した場合、糖分・ミネラルも補給しないといけません。
今スポーツドリンクも色々出てますが何でも何時でも飲んでいいのとは違います。

普通のポカリスエット500mlの場合、糖分はスティックシュガー11本分にもなります。
体内から失われた水分・ミネラル・糖分を急速に回復したいとき以外はお茶替わりに飲むとか推奨出来ません。

又、熱中症が怖いからと常時ミネラルの豊富な物を飲用すると塩分の取り過ぎを招く事もあります。




通常は麦茶や緑茶で水分をこまめに補給し、運動・肉体労働等で大量に発汗した時だけスポーツドリンクで補給する。運動時にお茶を飲む場合大量に取ると緑茶に含まれるカフェインから利尿作用が働くのでカフェインの入っていない麦茶の方がお勧めです。
状態によっては塩飴、梅干し等で補給する様にして下さい。(足がつる、筋肉がこわばる等が有る時)
1度に大量摂取すると喉の渇きは癒されますが、過剰の水が胃に負担をかけ、胃液を薄めてしまいます。そのため消化不良を起こし、よけいにばててしまいます。
清涼飲料水には、糖分が多く含まれているものもたくさんあるので、水分を摂取するときには、原材料名などをチェックして、糖分が多すぎないかを確認する必要が有ります。

日常生活でこまめに水分を取ること。
激しい運動や大量の発汗を伴う時は必要に応じて、水分、ミネラル、糖分を補給すること。
水分の成分に気を付ける事。(糖分・塩分を取り過ぎない)

又、乳幼児は大人より水分が出て行きやすいので更に細かく気を付ける必要が有ります。

熱中症は症状の程度により3段階に分かれます。
先ず最初の段階で食い止めましょう。
第1度(軽症)熱中症の症状:めまい・失神、筋肉痛・筋肉の硬直(こむら返り)
それ以上に進行した場合は応急処置(冷やす・スポーツドリンクの補給・休息)をしながら病院に行くか救急車を呼んで下さい。
梅干しや塩熱飴も有効です。梅干しは1日1個で十分です。

又、逆に症状から足りない物の予測も出来ます。
水分が足りなくなって血流の流れがわるくなると熱失神
水分ばかりで塩分を摂らないと熱けいれん
水分と塩分が足りないと熱疲労
さらに放置して熱を溜めこむと熱射病(熱中症と熱射病は別物です)
室内でも発症しますので可笑しいなと思えば早めに対処してください。

これから夏に向けてバカンスで日焼けしながら飲酒をする場合、熱中症に対するリスクは上がりますので用心してください。
アルコールは水分でも利尿作用が強く脱水を起こしますのでご注意ください。
日焼けによる脱水も重なるとハイリスクです。
適度に体を冷やし、塩分は食事で補うなら水か麦茶を合間に飲む様にして下さい。

水分を一度に大量にとると、この様な症状を引き起こす事も有ります。
水中毒(みずちゅうどく)とは、過剰の水分摂取によって生じる中毒症状であり、具体的には低ナトリウム血症やけいれんを生じ、重症では死に至りうる。人間の腎臓が持つ最大の利尿速度は毎分16mlであるため、これを超える速度で水分を摂取すると体内の水分過剰で細胞が膨化し、希釈性低ナトリウム血症を引き起こす水中毒に陥る。

簡単に水分補給と言いますが、正しく摂取して下さい。


サプリメント


















コメントを残す

*