23歳年下旦那に自分の子供が欲しいか聞いてみた 超年下旦那と遠距離恋愛


結婚する前に何回も話し合ったこと

「子供」のこと

 

51才のクリエモンと29才の夫

出会った頃26才だった夫と将来どうするかなんて夢の話でした。

遠距離だったこともあり何時か別れるだろうと思ってましたし、何回もネガティブになってました。

喧嘩になると

別れる!

avatar

クリエモン

と口に出してました。捨てられる前に別れたいと思ってましたから。どうせ続く筈なんてないと思っていましたから。

自分が傷つきたくないから「何時でも別れるよ」って予防線を張ってました。

自分と居たら将来後悔する

avatar

クリエモン

その想いが消える事になったのは

去年の4月に向こうから別れ話を持ち出されてからです。

それまで喧嘩になっても1度も彼から出る事の無かった言葉です。

1月以上掛かりましたがお互いやはり一緒に居る事が1番幸せなんだと自覚することになりました。

 

より具体的に「子供」の話もしました。

クリエモンには子供が2人居ますが、もう夫との間には出来ません。

夫の親からも言われました。

「子供好きなのに子供が持てないなんて」って・・・

それでも良いって言ってくれた夫です。

 

結婚する前、色々女性が上の方の記事を見てました。

 

芸能人だと内海桂子さん、三原順子さん、そして磯野貴理子さん・・・。

フランス大統領ご夫妻。

いずれもご結婚された時の女性の年齢からして子供が難しい年齢で年齢差は約24歳です。

良く言われるのが、女性の劣化・・・。

うちは元々デブスなのでそれについては問題有りません。

avatar

王子

もっと食べて良いよ!肉1kg位

って先日も言われたばかりです。

財産も無し!

あげれるものは愛情だけです。

 

けど、それで良いらしいです。

夫の望みは1日でもクリエモンが長生きする事らしいです。

そして2人でアチコチに出かける事。

磯野貴理子さんの離婚の事を知り夫にラインで聞いてみました。

離婚の事を知らなかった夫はなんで急にそんな事を言いだしたのかときっと思ったでしょう。

最近ペットの話をしてて

avatar

王子

将来ミニブタが飼いたい

って話をしてたので。

 

超年下の男性が自分の子供が欲しいなら、超年上の女性とは結婚してはいけないのでしょうか?

最初はそんなに重大視してなくても段々「将来1人残されたら・・」とか実感してくるのでは無いでしょうか?

 

ただ、世の中には子供の居ないご夫婦なんて沢山いらっしゃいます。

子供が居ても介護してもらえるとは限りません。

又、介護はそんな簡単な物でも有りません。

子供さんも生活の為に仕事をせずにはおれず、ずっと付いてる訳にも行きません。

 

子供に世話になりたくない親も沢山居ます。

今の時代、子供を持たないパートナーも沢山いらっしゃいます。

 

「子供が出来ないのは最初から分かってたのになんで結婚した?」

責めるのは簡単です。

 

離婚する夫婦なんてゴマンと居ます。

各家庭には各事情が有り、離婚している筈です。

 

別れるつもりで結婚しないと思います。

 

もしも自分も将来「自分の子供が欲しい」と言われたらどうするでしょうか・・・。

 

やっぱりそうだよね

avatar

クリエモン

とは、思うでしょう。自分も子供達が大好きですから。

 

じゃあ、なんで結婚したの?

avatar

クリエモン

って責めるでしょうか?

 

分かりません。

 

超年下夫だからとは限りません。

同年代で結婚して不倫した相手が妊娠して離婚なんて場合も有ります。

 

色んな家庭が有ります。

 

願わくば一生添い遂げたい。

まだもっと夫と人生を楽しみたい。

 

1つだけ

 

年上彼女の方達が、「やっぱり年上だから捨てられた」と怯んで欲しくはないです。

何が「やっぱり」なのか?

それって相手を信じてないって事ですよ?

貴女の相手を信じれないなら仕方ありませんが・・・。

それを見極めるのは1番近くに居る貴女であって誰が決める事でも有りません。

 

信じた結果ダメだったら、信じた自分を責めたら良いのでは

何も起こる前から疑心暗鬼に陥るより良いと自分は思います。

その考え方も色々有るとは思います。

 

自分が考えて自分で判断する。

悩むのはみんな色んな事で悩んでます。

年の差なんて一生変わらない事です。

そこを悩んでも解決はしません。

変わらない事を悩むより、だからどうするか?を考える方が自分は好きです。

 

年に関係なく浮気する人はします。

年上の男性でも頼りにならない人は居ます。

年で相手を判断する基準は可笑しいのかも知れませんね。

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

*